今日(2/4)は、立春にふさわしいポカポカ陽気に

なりました(^^)/

 

立春の前日(2/3)は、節分の日になりますが、

文字通り冬と春の節目の日という意味だそうです。

 

今まで節分の日に鬼が来て、子供達を怖がらせるのは、

子供達がいたずらや悪いことをしないように

懲らしめる為なのかと思っていましたが・・・

 

昔の人は、子供の泣き声が邪気を

払ってくれると考え、春が来る前のお清めとして

鬼が子供達を泣かしたそうです。

この話を聞いた時、力一杯泣く子供に春のような

命の芽吹きを見出だす昔の人の感性の素晴らしさに

感激しました。

 

新しい年になっても、子供が虐待で不幸にも命を落とす

ニュースが報じられ胸が痛みますが、不当な環境にいる

子供達をいち早く保護する必要性は当然のこととして、

一方で子供を育てることに対して、もっと大らかで優しい

気持ちを自分も含めて周りの大人達が持つことも

大切ではないかと感じています。

 

育児支援に携わっていると、親御さんが虐待と思われない

ように、迷惑を掛けないようにと周りに気を遣う空気を

ひしひしと感じますし、そのような空気は親御さんや子供達を

委縮させてしまい決して好ましいものではありません。

 

昔の人が、子供の泣き声が邪気を払ってくれると考えたように、

現代の私達も子供が育つ上での様々な苦労や困難を、未来への

希望に変えていけるような考え方を持てるといいなと思いました。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM